本音が言えない理由

スピリチュアル

私にはかつて[本音を言うのが苦手]

と言う心のブロックがあった。

今回は何故そんな事になってしまったのか?

と言うお話になります。

 

時代は戦前の母の母方(私の祖母)のお話。

私の祖母の家庭環境はかなり特殊で

祖母の父(私の曽祖父)はフランスのパリに

画家として、祖母の母(私の曽祖母)は

イタリアのナポリに声楽家として

留学しているような人達だった。

 

お陰で今でも曽祖父の絵は美術館に

飾られていて見る事が出来るし、

曽祖母の歌声はレコードやネットで

聴く事が出来る何とも不思議な人達だった。

 

ただその華やかな経歴の反面制約も多くて

お互いに実の家族に対して家族として

接する事が出来なかった。

 

どういう事かと言うと、曽祖父は

とある高貴な方の妾の子して生まれ

子供の頃は仲良しで何時も一緒にいた

同じ母から生まれたお兄ちゃんが

当主であった父が亡くなり

長男としてその家の当主となってしまい

その日から他人として接さなければ

ならなくなったんですよね💧

 

曽祖父を霊視した時に

「兄なのに兄と呼べない悲しさ。」

が凄く伝わって来た。

 

曽祖母はその高貴な方と妾の第一子

(と言っても結婚したくてもお互いの

身分が違い過ぎて出来なかった...)

として生まれ、実の親子なのに

愛する父の事を公然と「お父さん。」

と言う事を許されていなかった。

 

ここに来て勘の良い人は「ん?」と

違和感に気が付いたかも知れませんが

祖母の両親って叔父と姪の関係なんですよね。

 

残された写真を見ると曽祖母の父って

流石同じ父母から生まれた兄弟だけあって

コレ他人って言うの無理だろwと言う位

曽祖父とソックリなんですよね(苦笑)

 

2人を結びつけたのは

曽祖母の場合は[父親恋しい]

曽祖父の場合は[似た境遇に同情]

だったんじゃないかと思う。

 

それに立場的にお互いに数少ない

本音を打ち明けられる間柄だったから

立場的に結婚は無理だったけれども

実質的には夫婦みたいなものだった。

 

ちなみに曽祖母は最初に結婚して死別した

旦那さんが20歳以上年の離れた

イタリア貴族の旦那さんだったから

曽祖父との年齢差については

余り違和感は無かったみたい。

 

でも、やっぱりその関係性からお互いに

公然と夫として妻として接する事が出来ず

表面上は他人として接するしかなかった。

 

そして生まれた子供(私の祖母)も

曽祖父の親友に養子として出さざるを

得なくて公然と実子として

扱う事が出来なかったんだよね😢

 

 

ただ、そんな二人よりももっと

本音を言えなかった人がいる。

 

戦争が終わって一年が経った1946年

ある一人の男性が伊豆にある曽祖父の

別荘兼アトリエに覚悟を持って訪ねてきた。

 

曽祖父の兄兼曽祖母の父

(私の高祖父でもある)「もうこれ以上

娘と関わるのは止めて貰えないか?」

 

曽祖父からしてみれば

「実の母が亡くなった時に葬式どころか

弔電すら寄こさなかった癖に❗

それに曽祖母の母親が憲兵に処刑された

時に何もしなかったじゃないかっ❗

お前に何がわかる?💢」

と怒りを爆発させている姿が視える。

 

『もう話し合いにならないな...』

と高祖父が思った瞬間持っていたピストルで

曽祖父もとい高祖父の弟の脳天を

打ち抜いている映像が視える...💦

 

戦後のゴタゴタ+人1人ぐらい殺しても

罪には問われない身分の方だったので

その後も表面上は平穏に暮らしては

いるんだけれども、心の中では唯一

同じ父母から生まれて仲の良かった

実の弟を殺してしまった罪悪感に

死後も苦しんでいたんだよね😰

 

そんなイザコザがあって約70年後、

そんな彼らの子孫である私が曽祖母が

晩年暮らしていた鎌倉に行った時、

その彼ら一族ゆかりのお寺の本堂で

「××(彼らの本拠地)に行きなさい。」

と言うお告げを受けたので、

 

早速××に行き、そのさる高貴な方々の

一族の作品が展示されている美術館にも

行ったら、公式にはその一族とは

されていない筈の曽祖父の作品も

展示してあったんだよね。

 

その時『あー、コレは高祖父の

精一杯の贖罪なんだなー...』

と思ったら力が抜けて離れの

高祖父が好んだ庵の側のベンチで

ぐったりしていたら、

何やら霞の様な高祖父が

何とも言えない感情&表情で

私の方を見つめてくる...

 

私『あぁ、この人が立場上家族にすら本音を

言えなくて一番苦しかったんだろうな。』

と思うと同時にその高祖父が生前毎朝仏間で

立場上葬式にすら行けなかった実母や

戦時中に軍の力が強すぎてどうする事も

出来なくて愛する妻(曽祖母の母)を

家の為に見殺しにしてしまった事や

そしてパリにまで行った自慢の弟を娘の為に

自ら殺さなければならなかった事に対して

「ごめんなさい、ごめんなさい。」と

泣きじゃくりながら謝っている姿が視える。

 

この人は実の家族なのに家族として扱えない

申し訳なさから芸術の才能があった弟や娘を

東京芸術大学に通わせたり、更に才能を

伸ばす為にそれぞれフランスやイタリアへの

留学の手助けをしていたんだよね😢

 

それと、意外と殺された方の曽祖父は

『あの母の時と言い、妻の時と言い

何時も自分の身の保身に走っていた

兄が娘の時だけは我が身を顧みず

親として私を殺しに来た。』

と言う事に感心していて殺された事に

対する悔いや恨みは一切無いんだよね。

 

それで帰宅してから立場上そうする

しかなかった高祖父が救われる様に

お祈りしていたら仏様がやって来て

(鎌倉の一族ゆかりのお寺の?)

高祖父を苦しみから解放してくれた✨

 

そしたら弟と娘がフットワーク軽くて

ヨーロッパに行っていた位だから

生前は立場上出来なかったけれども、

元々高祖父自身も体を動かすのは

好きだったらしく、前世がお坊さん

だったのもあって今ではあの世で

子孫の幸せを願い修行僧みたいに

体を動かしながら修行して

過ごしている姿が視える。

 

何だかこの一連の流れを視ていて思ったのが

幾らお金を持っていて身分が高くても

しがらみが多すぎて全然幸せそうじゃあ

なかったよね?と言う事。

 

 

だからお釈迦様も将来の王座が約束された

一国の王太子だったけれども、色々と

悩み苦しみ抜いて僧侶になり、その方が

心穏やかに幸せに暮らしていけたんだよね。

 

それがあの世で何のしがらみも無く自由に

体を動かしながら修行僧?として充実感を

持って過ごしている高祖父と被るんだよね。

だから高祖父を救う為にわざわざ

仏様が出てきたんだろうか?と思う。

 

とにもかくにも自由って良いな♪

と心から思った。

タイトルとURLをコピーしました